July 19, 2018 / 12:42 AM / a month ago

寄り付きの日経平均は続伸、石油関連株が堅調

[東京 19日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比77円43銭高の2万2871円62銭となり、続伸で始まった。

7月19日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比77円43銭高の2万2871円62銭となり、続伸で始まった。写真は都内の株価ボードの前を通る人たち。2013年7月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

前日の米株式市場でダウが続伸した流れを引き継いでいる。ただ、ナスダックは下落、ドル/円がやや円高方向に戻しており、買い手掛かりに乏しく、買い一巡後は伸び悩んでいる。

早朝発表された7月ロイター短観では、企業の景況感は引き続き高水準ながら、従来からのけん引役だった業種に陰りが見え始めた。製造業DIはプラス25と前月比1ポイント悪化。年初をピークにその後は一進一退を続けている。貿易摩擦への懸念や原材料高の影響で、輸出型産業が弱含みの動きとなった。[nL4N1U93P8]

一方、業種別では、鉱業や石油・石炭製品など石油関連株が堅調。日本経済新聞19日付朝刊によると、日本の石油元売り企業がイラン産原油の輸入停止に向けて調整に入ることが分かった。サウジアラビアなどからの代替調達を目指すものの、調達コストの上昇がガソリン価格に波及する恐れもあるとしている。収益面でのプラス影響を期待する動きとなっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below