August 17, 2018 / 12:59 AM / 3 months ago

寄り付きの日経平均は反発、買い先行後は上げ幅縮小

 8月17日、寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は、前営業日比121円15銭高の2万2313円19銭となり、反発で始まった。写真は都内の株価ボード前で昨年8月撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 17日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は、前営業日比121円15銭高の2万2313円19銭となり、反発で始まった。その後は、上げ幅を縮小している。為替が110円後半で推移していることは下支えとなっているとみられるが、日本独自の材料が乏しく、買いが続かなかった。中国株や人民元などの動向をにらみながら推移するとみられる。業種別では精密機器、鉄鋼、非鉄金属などが堅調。半面、ゴム製品、電気・ガス、倉庫・運輸関連などが売られている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below