December 4, 2018 / 5:59 AM / 6 days ago

株価一時500円超安、米中通商交渉に再び懸念 VI上昇に転じる

 12月4日、日経平均の下げ幅は一時500円を超え、2万2000円に接近した。写真は都内の株価ボード。11月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 4日 ロイター] - 日経平均の下げ幅は一時500円を超え、2万2000円に接近した。米国の対中通商交渉において、米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表が交渉の中心となることが明らかとなったことで、協議が難航するとの警戒が強まっている。欧州勢とみられる売りとともに、国内年金の売り観測も出ている。

日経平均ボラティリティー指数.JNIVは上昇に転じ、足元では19ポイント台で推移。東証1部の値下がり銘柄数は9割に上った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below