December 19, 2018 / 12:17 AM / a month ago

寄り付きの日経平均は続落、2万1000円下回る ソフトバンク公開価格割れ

 12月19日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比8円28銭安の2万1107円17銭となり、小幅続落で始まった。写真は都内の株価ボード前で2014年12月に撮影(2018年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 19日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比8円28銭安の2万1107円17銭となり、小幅続落で始まった。前日の米国株は小幅高で終了したが、オーバーナイトで日経平均先物が下落。これを受け現物指数は軟調な滑り出しとなり、その後2万1000円を割れた。きょう新規上場のソフトバンク(9434.T)の初値は1463円。公開価格の1500円を下回って推移している。

業種別では石油関連や証券が下落率上位にランクイン。空運、建設がしっかり。TOPIXは連日で年初来安値を更新した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below