September 17, 2019 / 12:09 AM / a month ago

寄り付きの日経平均は反落、鉱業や石油・石炭製品は買われる

9月17日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比40円70銭安の2万1947円59銭となり、反落した。写真は東京証券取引所。2018年10月撮影(ロイター 2019年 ロイターS/Issei Kato)

[東京 17日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比40円70銭安の2万1947円59銭となり、反落した。サウジアラビアの石油施設が攻撃を受けたことで、地政学リスクに対する警戒感が台頭した。テクニカル面での過熱感などもあり、手仕舞い売りが先行した。

供給不足への懸念から原油価格が上昇しており、鉱業や石油・石炭製品が買われている。半面、燃料費が上昇するとの懸念から海運、空運などが売られている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below