September 19, 2019 / 12:22 AM / a month ago

寄り付きの日経平均は反発、パウエル発言に安心感 円安も支援材料

9月19日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比103円75銭高の2万2064円46銭となり、反発した。写真は東京証券取引所で昨年2月撮影(2019年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 19日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比103円75銭高の2万2064円46銭となり、反発した。その後、上げ幅を一時200円超に拡大している。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が米連邦公開市場委員会(FOMC)後の会見でややハト派的な姿勢を示したことが安心感を誘い、米国株市場でダウ平均が上昇。東京市場もその流れを引き継いで高く始まった。為替がドル高/円安方向に振れたことも支援材料となっている。

パルプ・紙以外の幅広い業種が買われており、中でも保険、電気・ガス、証券、銀行、不動産などが高い。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below