November 7, 2019 / 2:51 AM / 9 days ago

前場の日経平均は小反落、決め手欠く トヨタ決算に関心

 11月7日、前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比8円86銭安の2万3294円96銭となり、小幅に反落した。写真は都内で昨年9月撮影(2019年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 7日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比8円86銭安の2万3294円96銭となり、小幅に反落した。オーバーナイトの米国株主要3指数が横ばいで、決め手となる材料が不足する中、早朝からドル/円がやや円高方向に振れたことが上値を重くした。前日のソフトバンクグループ(9984.T)決算を受けたネガティブショックは広がらず、午後のトヨタ自動車の決算に関心が向かっている。

ソフトバンクGが6日に発表した2019年4─9月期決算(国際会計基準)は、営業損益が155億円の赤字となり、前年同期の1兆4207億円の黒字から大幅に悪化した。寄り付きから売りが先行したものの、その後は下げ渋り、前引けにかけて下げ幅をじりじり縮小した。

市場からは「事業会社としてみるなら売りだが、投資会社としてみるなら買い場だ。今のところ財務上の不安はなく、株主価値も1兆4000億円ほど増えているという。株価が下落した局面では(ソフトバンクGへの)投資妙味はある」(国内証券)との見方が出ていた。

TOPIXは0.02%高で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は1兆1226億円だった。東証33業種では、精密機器、鉱業、その他金融が値上がり率上位に入った。半面、海運、鉄鋼、石油・石炭製品が値下がり率上位となった。

トヨタ自動車は午後1時25分に決算発表を開示する予定。

東証1部の騰落数は、値上がりが807銘柄に対し、値下がりが1244銘柄、変わらずが101銘柄だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below