November 14, 2019 / 12:26 AM / a month ago

寄り付きの日経平均は小反発、GDPに反応薄 一進一退の動きに

11月14日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比5円63銭高の2万3325円50銭となり、小反発して始まった。写真は東京都内の証券会社の株価ボード。8月撮影(2019年 ロイター/Issei Kato)

[東京 14日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比5円63銭高の2万3325円50銭となり、小反発して始まった。その後は前日終値をはさんで一進一退。朝方発表の日本の7─9月期実質GDP(国内総生産)は年率プラス0.2%と市場予想のプラス0.8%を下回ったが、これについての株価は反応薄。方向感を欠く動きとなっている。

そうした中、経営統合が報じられたZホールディングス(HD(4689.T)とLINE(3938.T)は買い気配。ソフトバンクグループ(9984.T)も堅調な始まりとなった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below