December 27, 2019 / 3:03 AM / a month ago

前場の日経平均は小反落、年末年始休暇控え様子見ムード

 12月27日、前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比2円95銭安の2万3921円97銭となり、小幅に反落した。写真は都内の株価ボード。2018年2月撮影(2019年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 27日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比2円95銭安の2万3921円97銭となり、小幅に反落した。米国株高を好感し続伸スタートしたものの、上値は伸びず2万3900円台前半での一進一退となった。

26日の米国株式市場は、米中の通商関係を巡る楽観的な見方が支援材料となり、主要3指数は最高値を更新。ナスダックは初めて9000台に乗せた。

日経平均は米国株高を好感し続伸スタートしたものの、年末年始の休暇を控えていることもあり、手掛かり材料に乏しく様子見ムードとなった。寄り付き後は前日終値付近での一進一退の展開が続いた。ただ、きょうは配当権利落ち日で配当落ち分は40円前後とされているため、これを考慮すると実質的に小幅高となる。

市場からは「閑散とした商いだが、年末であるため仕方がない。為替も動きに乏しく、年明けにかけての外部環境の変化待ち。きょうはIPOや小型株が物色されている」(国内証券)との声が出ていた。

TOPIXは0.28%高で前場の取引を終了。東証1部の売買代金は6274億3400万円。東証33業種は、ゴム製品、食料品、鉱業などの5業種が値下がり、海運業、電気・ガス業、非鉄金属などの28業種が値上がりした。

個別ではパルコ(8251.T)がストップ高買い気配。J.フロント リテイリング(3086.T)が同社に対し、株式公開買い付け(TOB)を実施すると26日に発表し、TOB価格を意識した動きとなっている。J.フロントも5.57%高で前場の取引を終えた。

東証1部の騰落数は、値上がりが1478銘柄に対し、値下がりが592銘柄、変わらずが79銘柄 だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below