March 4, 2020 / 1:05 AM / a month ago

日経平均がプラス転換、米大統領予備選が安心材料か

4日午前の日経平均は寄り付き後に安値を付けた後、急速に下げ幅を縮小しプラス転換し、2万1100円台半ばで推移している。写真は3月2日、東京で撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)

[東京 4日 ロイター] - 4日午前の日経平均は寄り付き後に安値を付けた後、急速に下げ幅を縮小しプラス転換し、2万1100円台半ばで推移している。ファーストリテイリングが反発し、指数を40円近く押し上げる要因となっている。

市場では「日銀のETF買いに期待が出ている。国際オリンピック委員会(IOC)が東京五輪を予定通り開催すると言明したことや、米大統領選の民主党候補者争いで中道派のバイデン氏が一部の州で勝利の見込みと伝わっていることも安心感につながっている」(株式アナリスト)との声が出ていた。

TOPIXは前日終値近辺で一進一退。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below