March 30, 2020 / 12:26 AM / 4 months ago

日経平均が下げ幅拡大、新型コロナの深刻さを認識

 3月30日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比505円36銭安の1万8884円07銭となり、反落した。写真は東京証券取引所で2018年2月撮影(2020年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 30日 ロイター] -

30日午前の東京株式市場で日経平均は軟調に推移、下げ幅を700円超に拡大している。新型コロナウイルスの国内感染の深刻さや、米株先物の軟調推移、為替の円高進行などが嫌気されているという。

NHKが、新型コロナウイルスに感染して肺炎を発症し、入院していたコメディアンの志村けんさんが亡くなったと報じた。市場からは「新型コロナの感染拡大による都市封鎖リスクが警戒される中、改めて事態の深刻さが意識された」(国内証券)との声が出ていた。

*内容を更新しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below