for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

前場の日経平均は続伸、米大統領退院を好感も商い細る

 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比113銭77高の2万3425円91銭となり、続伸した。写真は東京証券取引所で2日撮影(2020年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 6日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比113銭77高の2万3425円91銭となり、続伸した。トランプ米大統領の退院が好感され、前日の米株高の流れが波及し朝方から買い優勢となったものの、商いが細るなど上値に対して慎重な様子もうかがえる。前場の東証1部売買代金は1兆円を割り込んだ。

5日の米国株式市場は大幅反発となった。ダウ工業株30種.DJIは465ドル(1.68%)高、ナスダック総合.IXICは2.32%高。新型コロナウイルス追加経済対策への期待が高まったことや、トランプ大統領退院のニュースが好感された。

トランプ大統領は5日、新型コロナウイルス感染により入院していた軍医療施設を退院、徒歩でリムジンに向かい、大統領専用ヘリでホワイトハウスに到着した。

これを受けて朝方から日本株は買い優勢で始まったものの、堅調に推移しながら上値に対して慎重な動きとなっている。退院後のトランプ大統領の体調が気にされるほか、米国の追加経済対策に不透明感が残ることが伸び悩む理由という。

市場では「前日は東証1部の売買代金が2兆円を割り込むなど、商いが細っていることが気になる。そうした状態からこう着感が強まるのではないか」(野村証券・投資情報部投資情報二課課長代理の神谷和男氏)との声が出ていた。

TOPIXは0.32%高で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は9870億6500円万円。東証33業種では、保険業、ゴム製品、石油・石炭製品の上昇が目立ち、値下がりは不動産業など6業種にとどまった。

個別では、トヨタ自動車7203.Tなど自動車株が堅調で、売買代金上位銘柄ではソフトバンクグループ9984.T、チェンジ3962.Tが高い。半面、JR東日本9020.Tが反落し、ソニー6758.Tもさえない。

東証1部の騰落数は、値上がりが961銘柄、値下がりが1094銘柄、変わらずが119銘柄だった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up