for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

前場の日経平均は反落、安川電の決算受け地合い軟化 円高も重し

 4月12日、前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比151円35銭安の2万9616円71銭となり、反落した。都内で2月撮影(2021年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 12日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比151円35銭安の2万9616円71銭となり、反落した。寄り付きの日経平均は米株高を好感し続伸スタートとなったものの、その後急速に上げ幅を縮小しマイナス圏に転落。

9日に決算を発表した安川電機が一時8%超安と大幅に下落したことなどが嫌気された。ドル/円の円高傾向も重しとなり、日経平均は前引けにかけて下げ幅を拡大する展開となった。

前週末9日の米国株式市場は上昇し、ダウ工業株30種とS&P総合500種が終値で最高値を更新した。米10年債利回りの低下を追い風にハイテクなどのグロース株の好調が続く中、ダウとS&Pは3週連続で上昇した。

TOPIXは前営業日比0.15%安で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は1兆0488億3700万円。東証33業種では、海運業、非鉄金属、石油・石炭製品などの19業種は値下がり。半面、電気・ガス業、倉庫・運輸関連、陸運業などの14業種は値上がりした。

個別では、安川電機が6.6%安。同社は9日に2022年2月期の連結営業利益(国際会計基準)が前年比54.5%増の420億円になる見通しだと発表したものの、市場予想を下回ったことなどが嫌気された。市場では「関連する機械・電子部品やこれから決算を発表する製造業中心に警戒感が広がっている」(運用会社)との声が聞かれた。

そのほか、ファーストリテイリング、東京エレクトロン、信越化学工業なども軟調。ソフトバンクグループ、資生堂は上昇した。

市場では「日経平均は3万円を回復すると利益確定売りに押されるようだ。週内で米国株が大きく上昇となると日経平均も再び3万円を回復すると思われるが、日米ともに企業決算の本格化を控え、様子見ムードが強まりやすい。3万円台を週内に定着させるのはなかなか難しいのではないか」(国内証券)との声が聞かれた。

東証1部の騰落数は、値上がり1114銘柄に対し、値下がりが953銘柄、変わらずが116銘柄だった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up