for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

午前の日経平均は小幅続伸、手掛かり乏しく方向感欠く

[東京 22日 ロイター] - 22日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比31円21銭高の2万8548円80銭と、小幅に続伸した。米株高を好感して朝方に高く始まった後、上げ幅を縮小し、前日終値を挟んだ動きとなった。手掛かりに乏しく、方向感を欠いた。

22日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比31円21銭高の2万8548円80銭と、小幅に続伸した。写真は2020年10月、東京証券取引所で撮影(2021年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

前日の米国株式市場では、主要株価3指数が急反発して取引を終えた。前の日には新型コロナウイルスのオミクロン変異株を巡る懸念から1%超下落しており、値ごろ感から旅行関連株やテクノロジー株が買われた。

日経平均は、米株高を好感して高く始まった後、一時150円超高に上値を伸ばしたが、その後は勢いを失って上げ幅を縮小した。朝方の取引一巡後は、前日終値を挟んでの一進一退となった。

市場では「昨日の反発には特に理由がなく、値ごろ感から買われた。米株に先立って戻していたこともあり、今晩の米市場の動向を見極めたいということではないか」(しんきんアセットマネジメント投信の藤原直樹運用本部長)との見方が聞かれた。

TOPIXは0.01ポイント安で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は9744億8400万円と細っている。東証33業種では、空運業、鉱業、証券業など16業種が上昇し、パルプ・紙、輸送用機器、非鉄金属など17業種が値下がりした。

主力株では、トヨタ自動車が軟調な一方、ソニーグループはしっかりとまちまち。東京エレクトロンなど半導体製造装置関連はプラスの銘柄が目立った。外食や百貨店、空運、陸運、旅行関連などリオープン(経済再開)銘柄は総じてしっかり。INPEXも高かった。

東証1部の騰落数は、値上がりが1213銘柄(55%)、値下がりが849銘柄(38%)、変わらずが121銘柄(5%)だった。

新規上場(IPO)銘柄では、サクシードの初値が公開価格を7.1%上回る1671円、網屋が同6.5%上回る2100円だった。

一方、リニューアブル・ジャパンは同7.6%下回る1663円、サインドが同8%下回る2990円、FinatextHLDGが同23.2%下回る990円、THECOOが同15.2%下回る6100円となった。

上場2日目のラバブルマーケティンググループの初値は公開価格の3.8倍となる4845円だった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up