for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

寄り付きの日経平均は続落スタート、米株安を嫌気 ソニーGは大幅反発

 1月20日、 寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比65円80銭安の2万7401円43銭と、続落して始まった。写真は2020年10月、東京証券取引所で撮影(2022年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 20日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比65円80銭安の2万7401円43銭と、続落して始まった。前日の米株安を嫌気する動きが先行した。その後は下げ渋り、プラスに転じる場面もあった。

トヨタ自動車は小高い。ソニーグループは大幅反発している。東京エレクトロンなど半導体製造装置関連は総じて弱い。 指数寄与度の大きいファーストリテイリング、ソフトバンクグループは小安い。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up