for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

寄り付きの日経平均は反発、材料難で方向感乏しく

 9月6日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比30円54銭高の2万7650円15銭と、反発してスタート。写真は都内の株価ボード。2018年11月撮影(2022年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 6日 ロイター] -

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比30円54銭高の2万7650円15銭と、反発してスタート。時間外取引で米株先物が堅調なことを受けて買い優勢で始まったものの、すぐにマイナスに沈んだ。その後も一進一退となり、手掛かり材料難で方向感が乏しい状態となっている。

前日に発表された日経平均の入れ替えで新規採用になった銘柄ではHOYAが買われたが、日本電産は軟調な始まり。一方、除外銘柄のユニチカは大幅上昇となり、午前9時05分現在で東証プライム市場の値上がり率ランキングで第1位となっている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up