for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

寄り付きの日経平均は反発、米株堅調を好感 投資家は慎重姿勢か

 9月15日寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比55円34銭高の2万7873円96銭と、反発してスタート。東証で2020年10月撮影(2022年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 15日 ロイター] -

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比55円34銭高の2万7873円96銭と、反発してスタート。前日の米国株式市場が堅調だったことを好感した。来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)までは不安定な状態が続くとみられることから、投資家の慎重な姿勢が見受けられ、全体的に反発力は弱い。

物色面では、主力銘柄が高安まちまち。指数寄与度が大きいファーストリテイリングは買い優勢で始まった。前日に逆行高したANAホールディングスは上値を追い、年初来高値更新となっている。電鉄株、百貨店株なども高い。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up