for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

寄り付きの日経平均は反落、利益確定売り優勢

 12月2日、寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比242円90銭安の2万7983円18銭と、反落してスタートした。写真は東京証券取引所で2020年10月撮影(2022年 ロイター/Issei Kato)

[東京 2日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比242円90銭安の2万7983円18銭と、反落してスタートした。寄り付き後も350円安と下げ幅を広げている。昨日の株高の反動で利益確定売りが優勢となり、節目の2万8000円を下回った。東証33業種では、全業種値下がりしている。

昨日大きく上昇した銘柄の下げが目立ち、個別ではソフトバンクグループ、東京エレクトロン、ファーストリテイリングが軟調。

主力のトヨタ自動車、ソニーグループもそれぞれ1%超安とさえない。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up