March 7, 2018 / 12:21 AM / 3 months ago

寄り付きの日経平均は反落、コーン米NEC委員長辞任で警戒感

[東京 7日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比155円80銭安の2万1261円96銭となり、反落して始まった。夜間取引で日経平均先物3月限は一時2万1800円台まで上昇したが、日本時間の早朝に米ホワイトハウスが、国家経済会議(NEC)のコーン委員長が辞任すると発表。これを受け円高が進行し、米株価指数先物が下落した。今後の米国株の動向を警戒した売りが先行している。鉄鋼や海運、輸送用機器など景気敏感セクターの一角が軟調。半面、空運や保険、証券がしっかり。

 3月7日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比155円80銭安の2万1261円96銭となり、反落して始まった。写真は都内の証券会社前の株価ボード前で2014年3月撮影(2018年 ロイター/Yuya Shino)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below