April 6, 2018 / 12:31 AM / 4 months ago

寄り付きの日経平均は小反落後プラスに切り返し、貿易摩擦懸念くすぶり伸び悩みも

[東京 6日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比11円69銭安の2万1633円73銭となり、小反落して始まった。すぐプラス圏に切り返したが、その後はやや伸び悩んでいる。

 4月6日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比11円69銭安の2万1633円73銭となり、小反落して始まった。すぐプラス圏に切り返したが、その後はやや伸び悩んでいる。写真は都内の日経平均が表示されるボード前で2014年4月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

前日は米中貿易摩擦を巡る懸念が和らいで米株価が上昇した。日経平均先物も海外時間には上昇していたが、朝方にトランプ米大統領が対中追加関税の検討を指示したと伝わり、あらためて警戒感が意識され、海外時間の上昇分を返上した。為替も早朝には1ドル107円半ばに上昇していたが、対中追加関税検討を受けて107円前半に下落した。

業種別には、小売、輸送用機器が高く、精密機器もしっかり。半面、空運、その他製品、パルプ・紙などが下げている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below