September 18, 2018 / 12:25 AM / a month ago

寄り付きの日経平均は反落、米国の対中追加関税発動を嫌気

[東京 18日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比52円48銭安の2万3042円19銭となり、反落して始まった。トランプ米政権が17日(日本時間18日早朝)、2000億ドル相当の中国製品に対して第3弾の制裁関税を適用すると発表したことが嫌気された。ただ、市場の織り込みが進んでいたため、売り一巡後は買い戻しなどでプラス圏に浮上している。業種別では保険、鉄鋼、空運、パルプ・紙が高い。半面、電気機器、機械などはさえない。

 9月18日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比52円48銭安の2万3042円19銭となり、反落して始まった。写真は都内の株価ボード前で2013年9月撮影(2018年 ロイター/Yuya Shino)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below