September 26, 2018 / 12:27 AM / 3 months ago

寄り付きの日経平均は反落、権利落ちの影響 円安が支援

 9月26日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比93円66銭高の2万3846円60銭となり、反落で始まった。写真は都内の株価ボード前で2015年9月に撮影(2018年 ロイター/Issei Kato)

[東京 26日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比93円66銭高の2万3846円60銭となり、反落で始まった。9月中間配当の権利落ちの影響は155─160円と市場では推計されているが、これよりも下落幅は小さく、実質的には堅調な滑り出しとなった。1ドル113円付近と円安基調を継続する為替が支援材料となっている。

ソフトバンクグループ(9984.T)、任天堂(7974.T)、資生堂 (4911.T)がプラス圏で推移している。日経平均はその後下げ幅を縮小。2万3800円台後半で推移している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below