November 9, 2018 / 12:24 AM / 4 days ago

寄り付きの日経平均は小反落、円安でも外需株軟調 石油関連安い

  11月9日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比15円61銭安の2万2471円31銭となり、小反落で始まった。写真は都内の株価ボード前で2015年9月に撮影(2018年 ロイター/Issei Kato)

[東京 9日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比15円61銭安の2万2471円31銭となり、小反落で始まった。前日の米国株はダウが横ばい。ナスダック総合が下落となった。外部環境を見極めたいとの姿勢が広がる中、日本株は前日に大幅高となった反動もあり、利益確定売りが先行。その後一時プラスに転じた。

外為市場でドル/円は一時114円台まで円安が進行したが、自動車株など外需関連は総じて軟調。石油関連株もさえない。半面、水産・農林や陸運など内需セクターがしっかり。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below