February 8, 2019 / 12:33 AM / 13 days ago

寄り付きの日経平均は続落、米中協議への懸念でリスクオフ 全面安商状

 2月8日、寄り付きの東京株式市場で日経平均は前営業日比240円78銭安の2万0510円50銭となり、続落した。写真は都内の株価ボード前で2016年2月に撮影(2019年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 8日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で日経平均は前営業日比240円78銭安の2万0510円50銭となり、続落した。米中通商協議への懸念からリスクオフ地合いが高まっており、売り先行で始まった。東証33業種の全てが値下がりする全面安商状で、機械、海運、保険などが値下がり率上位となっている。

トランプ米大統領が7日、中国の習近平国家主席とは3月1日までに会談する計画はないことを確認。米中が通商問題で交渉期限までに合意できない可能性が懸念されている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below