March 25, 2019 / 12:20 AM / 3 months ago

寄り付きの日経平均は大幅反落、米株急落・円高を嫌気

 3月25日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比359円93銭安の2万1267円41銭となり、大幅反落で始まった。写真は都内の株価ボード前で2014年3月に撮影(2019年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 25日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比359円93銭安の2万1267円41銭となり、大幅反落で始まった。寄り後に下げ幅は500円を超え、3月11日以来2週間ぶりの安値水準を付けている。

世界景気の減速懸念が再燃し、前週末の米国株が大幅安、為替は円高に振れるなど外部環境が悪化したことで、幅広く売りが先行した。

景気敏感セクターの機械、鉄鋼、電気機器などに売りが目立つ。米金利低下による運用環境の悪化を懸念し、三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306.T)、三井住友フィナンシャルグループ(8316.T)などの銀行株も安い。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below