April 9, 2019 / 12:41 AM / 11 days ago

寄り付きの日経平均は小幅続落、内需系銘柄に売り先行

 4月9日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比11円36銭安の2万1750円29銭となり小幅続落で始まっている。写真は都内の株価ボード前で2015年4月に撮影(2019年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 9日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比11円36銭安の2万1750円29銭となり小幅続落で始まっている。外部環境に大きな変化がなく、手掛かり材料に欠ける中、建設、小売、不動産などの内需系銘柄に売りが先行した。一方、米ハイテク株高の流れを引き継ぎ、電気機器、機械などが堅調。日経平均は一時プラスに浮上したが、その後は前日終値付近で方向感に欠く値動きとなっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below