April 16, 2019 / 12:30 AM / 10 days ago

寄り付きの日経平均は反落、利益確定売りが先行

 4月16日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比60円96銭安の2万2108円15銭となり、反落して始まっている。写真は都内の株価ボード前で2013年4月に撮影(2019年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 16日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比60円96銭安の2万2108円15銭となり、反落して始まっている。外部環境面で大きな変化がなく手掛かり材料に欠ける中、日経平均は前日まで3日続伸した反動で利益確定売りが先行した。だが、リスク選好の地合いは維持しているとみられ、安寄り後はプラス圏に浮上している。ソニー(6758.T)、安川電機(6506.T)など電機セクターの銘柄が買われているほか、NTTドコモ(9437.T)など携帯3社も高い。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below