May 10, 2019 / 12:20 AM / 14 days ago

寄り付きの日経平均は反発、買い戻し優勢との見方

 5月10日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比29円68銭高の2万1431円81銭となり、反発した。写真は都内の株価ボード前で2014年5月に撮影(2019年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 10日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比29円68銭高の2万1431円81銭となり、反発した。その後、100円超に上げ幅を拡大した。特段上昇するような材料は出ていないが、市場からは「米国の対中関税引き上げへの織り込みが進み、当面はこれ以上悪い話が出てくることはないとみた売り方が先物を買い戻しているのではないか」(国内証券)との声が出ていた。

業種別では、石油・石炭製品、医薬品、機械、鉄鋼などが値上がり。半面、精密機器、食料品、情報・通信などが安い。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below