May 13, 2019 / 12:22 AM / 13 days ago

寄り付きの日経平均は続落、米中貿易摩擦への警戒感

 5月13日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比164円18銭安の2万1180円74銭となり、続落して始まっている。写真は都内の株価ボード前で10日撮影(2019年 ロイター/Issei Kato)

[東京 13日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比164円18銭安の2万1180円74銭となり、続落して始まっている。

10日に終了した米中通商協議が合意に至らず、再交渉の日程も公表されていない中、米国は新たに3250億ドル相当の中国製品に追加関税を発動する手続きを始め、詳細を13日に公表すると発表している。米中貿易摩擦への警戒感が改めて強まった。日経平均の下げ幅は寄り後に200円を超えている。業種別では、その他金融、金属製品などが安い。半面、不動産はしっかり。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below