July 1, 2019 / 12:26 AM / in 21 days

寄り付きの日経平均は大幅反発、半導体・電子部品が高い

 7月1日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比290円35銭高の2万1566円27銭となり、大幅反発で始まっている。写真は都内の株価ボード前で2016年6月に撮影(2019年 ロイター/Issei Kato)

[東京 1日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比290円35銭高の2万1566円27銭となり、大幅反発で始まっている。

29日に行われた米中首脳会談で通商協議の再開が決まり、米国は第4弾の対中追加関税の発動を当面先送りすると表明した。予想通りの結果だが、市場に安心感が広がり幅広く買いが先行している。

トランプ大統領が米企業によるファーウェイへの部品供給を一部認める方針を示したことも材料視され、半導体・電子部品株は全面高商状となっている。

寄り後に日経平均の上げ幅は350円を超え、取引時間中としては5月8日以来の高値水準で推移している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below