February 28, 2020 / 3:00 AM / a month ago

前場の日経平均は大幅続落、763円安 株安の連鎖止まらず

2月28日、前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比763円46銭安の2万1184円77銭となり、大幅続落した。都内の株価ボード前で1月撮影(2020年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 28日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比763円46銭安の2万1184円77銭となり、大幅続落した。新型コロナウイルスの感染拡大への懸念が根強い。米国株の大幅安や円高進行が嫌気され、朝方から幅広い銘柄で売りが先行した。一時2万1182円69銭まで下落し、2019年9月9日以来の安値を付けた。

市場からは「直近3営業日に押し目買いがほとんど観察されない。順張り型のCTA(商品投資顧問業者)は株先物ロングの『最終処分モード』へとシフトしており、ここからショートへと足を踏み入れる過程では日経平均も2万1000円割れを試すリスクが高まっている」(野村証券のクロスアセット・ストラテジスト、高田将成氏)との指摘が出ていた。

TOPIXは3.21%安で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は1兆5573億円だった。東証33業種全てが値下がり。値下がり率上位には不動産、鉱業、証券、情報・通信、電気機器、ガラス・土石製品などが入った。

波乱相場が続く中、ベア型のETFが活況で、NF日経レバ連動型上場投信(1570.T)、NF日経平均ダブルインバース(1357.T)が売買代金で1、2位となった。個別株に見切りを付けた個人投資家の値幅取り狙いの資金を誘いこんでいるという。

このほか個別ではライクキッズ(6065.T)が逆行高。安倍晋三首相が全国すべての小中高校、特別支援学校に臨時休校を要請したことで、育児サービス関連に連想的な買いが入った。食品宅配関連やドラッグストア関連も買われた。

東証1部の騰落数は、値上がりが67銘柄に対し、値下がりが2085銘柄、変わらずが9銘柄だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below