for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

前場の日経平均は続伸、米金利低下でハイテク株に買い

 4月14日、前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比339円01銭高の2万7182円50銭と続伸した。前日の米長期金利低下や米ハイテク株高を好感した。都内で2月撮影(2022年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 14日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比339円01銭高の2万7182円50銭と続伸した。前日の米長期金利低下や米ハイテク株高を好感した。

時間外取引での米株先物やアジア株もしっかりとした流れとなり、日経平均はじりじりと上値を伸ばす展開となった。

日経平均は値がさハイテク株を中心に買いが先行し、82円高で続伸スタートとなった後も上げ幅を拡大、一時357円40銭高の2万7200円89銭で高値を付けた。外部環境が落ち着いているほか、米消費者物価指数(CPI)、卸売物価指数(PPI)など注目されていた指標の発表を通過し、投資家の警戒ムードが和らいでいるという。

市場では「米金利低下など外部環境の落ち着きに加え、投資家心理も改善。イースター休暇を控え、売り方の買い戻しが進行しているようだ」(国内証券)との声が聞かれる。

13日の米国市場では、主要株価3指数がそろって反発。卸売物価指数(PPI)は市場予想を上回る内容だったものの、米長期金利は低下し、ハイテク株比率の高いナスダック総合は約2%高となった。

TOPIXは0.83%高の1905.70ポイントで午前の取引を終了。東証プライム市場の売買代金は、1兆1902億2100万円。東証33業種では、空運業、鉱業、非鉄金属、陸運業などの29業種が値上がり、銀行業、水産業などの4業種が値下がりした。

個別では、ファーストリテイリング、ソフトバンクグループ、東京エレクトロン、信越化学工業がしっかり。オリンパス、リクルートホールディングス、エムスリーなどが売られた。

プライム市場の騰落数は、値上がり1245銘柄(67%)に対し、値下がりが509銘柄(27%)、変わらずが83銘柄(4%)だった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up