for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

寄り付きの日経平均は反落、米株安と米金利上昇懸念から売り優勢

 4月22日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比355円26銭安の2万7197円80銭と、反落してスタート。都内で2020年10月に撮影(2022年 ロイター/Issei Kato)

[東京 22日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比355円26銭安の2万7197円80銭と、反落してスタート。前日の米国市場における株式下落が嫌気されたほか、米金利上昇が懸念されて売り優勢となった。直近の相場が堅調だったことで、週末事情も手伝い利益確定売りが出やすいという。

そうした中、前日に好決算を発表した日本電産やディスコなどが堅調に始まった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up