for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

寄り付きの日経平均が大幅続落、米国株の下落を嫌気し売り優勢

 4月25日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比412円78銭安の2万6692円48銭と、大幅続落してスタート。写真は2020年10月、東京証券取引所で撮影(2022年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 25日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比412円78銭安の2万6692円48銭と、大幅続落してスタート。前週末22日の米国株式市場が下落したことが嫌気され、全体的に売り優勢となっている。引き続き米金利上昇に対する警戒感が強い上に、大型連休が接近していることで積極的な買いが入りにんくいという。安寄り後も下値模索となり、前週末比で500円を超す下落となった。

トヨタ自動車が売り気配でスタート。東京エレクトロンなど指数寄与度が高い半導体関連株が売り優勢となっている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up