Reuters logo
〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ幅縮小、ランチタイム中に先物が伸び悩む
2017年11月9日 / 03:47 / 15日後

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ幅縮小、ランチタイム中に先物が伸び悩む

    [東京 9日 ロイター] - 
    <12:44> 日経平均は上げ幅縮小、ランチタイム中に先物が伸び悩む
    
    日経平均は上げ幅縮小。足元では2万3300円近辺の値動きとなっている。ランチ
タイム中に日経平均先物12月限が一時2万3430円台まで強含んだ後、2万3200
円まで伸び悩み、これに反応した。「上ヒゲが長い日足となる可能性もある。中長期的に
は上昇トレンドとみているが、目先的には株高のピークを付けた感もある」(国内投信)
との声が出ていた。
    
    
    <11:42> 前場の日経平均は急反発、454円高 騰勢続き2万3300円台
    
    前場の東京株式市場で日経平均株価は前営業日比454円34銭高の2万3368円
16銭となり、急反発した。海外投資家による資金流入期待が広がる中、良好な企業業績
を評価した買いが継続し、上値追いの展開となった。午前中の東証1部の売買代金は2兆
0363億円まで膨らみ、活況を呈した。
    
    TOPIXは大幅に3日続伸。取引時間中としては1991年11月以来、26年ぶ
りの高値を付けた。主力株の上昇が顕著となっており、TOPIXコア30構成銘柄は日
産自動車        を除く29銘柄が値上がりした。東証33業種ではゴム製品、石油・石
炭以外の31業種が上昇。値上がり率トップは証券業となった。
    
    日経平均が89年末に付けた過去最高値と、08年に付けたバブル崩壊後の最安値の
半値戻しの水準である2万2976円(取引時間中ベース)を上回ったことも、投資家心
理を上向かせた。
    
    日経平均ボラティリティー指数       は20ポイントまで急上昇し、取引時間中と
しては4月24日以来、約半年ぶりの高水準を付けた。明日が11月限日経225オプシ
ョンの特別清算指数(SQ)算出日となるが、コール(買う権利)の売り方による買い戻
しや、先物へのヘッジ買いが株価上昇に弾みを付けたとの指摘もある。
    
    フェアラインパートナーズの堀川秀樹代表は「12月限オプションにロールオーバー
をしたくても、急ピッチな株価上昇により、権利行使価格で2万5000円より上がまだ
設定されていない。コールサイドで言えばアベノミクス相場の初期のような状況。10年
に1─2回あるかないかのことが起きている」と話している。
    
    東証1部の騰落数は、値上がり1469銘柄に対し、値下がりが495銘柄、変わら
ずが68銘柄だった。
        
    
    <11:00> 日経平均は300円超高、ボラティリティ―指数は2カ月ぶり高水準
    
    日経平均は上げ幅を拡大。前日比で300円を超す上昇となった。足元では2万32
00円台半ばまで強含んでいる。日経平均ボラティリティー指数       は19ポイント
に接近。9月8日以来、2カ月ぶりの高水準を付けている。「株価の上昇が止まらず、日
経225オプションのコールの売り方が損失回避のためのコールの買い戻しや、先物のヘ
ッジ買いに迫られている。コールの売り方には個人投資家も多い。海外投資家が日本株買
いを続ける中で、まさに踏み上げられている」(国内証券トレーダー)という。
    
    
    <09:44> 日経平均は堅調、TOPIX節目突破・裁定買い残高水準で先高観
    
    日経平均は堅調。前日比で一時250円を超す上昇となった。足元では2万3100
円台後半で推移している。「TOPIXが高値を更新したことで、海外投資家の日本株買
いがさらに勢いを増すとの期待が膨らんでいる」(中堅証券)という。
    
    東京証券取引所がまとめた10月30日─11月2日のプログラム売買状況によると
、金額ベースの裁定買い残(当限・翌限以降の合計)は、前週比149億円増加の2兆9
118億円。2015年12月28日─30日以来、1年10カ月ぶりの高水準となった
。先高観が広がる中、「明日のオプションSQ(特別清算指数)算出を通過した後も、売
る理由は特に見当たらない。株高はまだ継続しそう」(中堅証券)との声が聞かれた。
    
    
    <09:08> 寄り付きの日経平均は反発、米株高の流れ引継ぎ
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比75円62銭高の2万2989円
44銭となり、反発して始まった。前日の米国株式市場で主要3指数がそろって過去最高
を更新した流れを引き継ぎ、買いが先行した。寄り付き後には節目2万3000円を上抜
けた。業種別には、その他金融、精密機器が高く、電機・ガスもしっかり。半面、ゴム製
品、石油・石炭製品が下げている。

    
    <08:36> 寄り前の板状況、トヨタやソニーは買い優勢
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、主力外需関連株はトヨタ自動車        、
ソニー        は買い優勢で、ホンダ        、キヤノン        、パナソニック<6752.
T>は売り買い拮抗(きっこう)となっている。
    指数寄与度の大きいファーストリテイリング        、ファナック        は買い優
勢。
    メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ        とみずほフィナンシ
ャルグループ        が売り優勢、三井住友フィナンシャルグループ        は買い優勢
となっている。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(トムソン・ロイターEIKON検索ボックスで“IMO
”と入力)

    
 (  

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below