Reuters logo
〔マーケットアイ〕株式:新興株は堅調、ジャスダック高値更新 大型株から資金流入観測
November 22, 2017 / 6:53 AM / 23 days ago

〔マーケットアイ〕株式:新興株は堅調、ジャスダック高値更新 大型株から資金流入観測

    [東京 22日 ロイター] - 
    <15:40> 新興株は堅調、ジャスダック高値更新 大型株から資金流入観測
    
     新興株式市場は堅調。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに5日続伸
となった。ジャスダック平均は高値を更新した。大引けにかけてじりじり上昇しており「
大型株で利益を確定した投資家の資金流入もあったようだ」(国内証券)との声が聞かれ
た。
    個別では、麻生フオームクリート        や大阪油化工業        、力の源ホールデ
ィングス        が上昇率上位となった一方、NKKスイッチズ        やシンデン・ハ
イテックス        、Orchestra Holdings         が下落率上位と
なった。
    
    
    <14:16> 日経平均は伸び悩み、年末商戦で内需株見直しの思惑も
    
    日経平均株価は2万2500円台半ばで伸び悩んでいる。食品や小売といった内需株
がさえない動きとなっているが、年末商戦への期待が米株高につながっているとして「(
日本の内需株も)年末商戦を通じて見直されるかもしれない」(国内証券)との声も聞か
れた。
    
    
    <13:18> 日経平均は堅調持続、機械株は一段高
    
    日経平均は堅調持続、2万2500円台後半で推移している。機械株など設備投資関
連銘柄が高い。市場では「祝日前でポジション調整売りも出ているが、物色意欲は強い。
日経平均は17日の戻り高値(2万2757円)を抜ければ上昇に勢いが付きそうだ」(
国内証券)との声が出ている。
    
    
    <11:40> 前場の日経平均は続伸、世界景気の拡大期待で資金流入

    前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比173円79銭高の2万2590
円27銭となり続伸した。前日の欧州株が軒並み上昇。米主要3指数が最高値を更新する
など世界的な株高を背景に、東京市場にも海外勢の資金が流入した。世界景気の拡大期待
が強く、自動車、ハイテクなど外需株のほか、機械、鉄鋼などの景気敏感セクターが集中
的に物色された。祝日前で利益確定売りも多く、買い一巡後はもみ合う展開だった。
    
    TOPIXも続伸し、0.57%高で前場の取引を終えた。東証1部の午前の売買代
金は1兆3082億円。セクター別では石油・石炭が上昇率トップ。機械、鉱業、輸送用
機器も上げが目立った。半面、食料品、小売などのディフェンシブ系は軟調だった。市場
では「欧米株は懸念材料があっても上昇が続き、投資家心理の強さが感じられる。低金利
下で運用先を求める資金は潤沢にあるとみられる。企業業績に上向きの勢いが続いている
間は売りにくい」(内藤証券投資調査部部長の浅井陽造氏)との声が出ていた。

    東証1部の騰落数は、値上がり1296銘柄に対し、値下がりが639銘柄、変わら
ずが102銘柄だった。
    
    
    <11:00> 日経平均は堅調もみ合い、機械・輸送用機器などが高い
    
    日経平均は堅調もみ合い、2万2500円台後半の値動きが続いている。機械、鉄鋼
、輸送用機器などが高い。市場では「世界景気の拡大期待が強く、資金は外需株や景気敏
感株などに流れている。日経平均の調整が一巡し、投資家心理は改善傾向にある」(国内
証券)との声が出ている。
    
    
    <10:09> 日経平均は上げ幅縮小、強含みの円相場が重し
    
    日経平均は上げ幅縮小。2万2500円台後半で推移している。市場では「強含みの
円相場が上値を圧迫しているが、欧米株高を背景とするリスク志向は継続している。前日
から米系証券によるTOPIX先物買いが目立っており、ヘッジファンド勢が再度上値を
トライするのではないかとの思惑もある」(フジトミ・営業開発室ディレクターの倉持宏
朗氏)という。
    
    
    <09:05> 寄り付きの日経平均は続伸、欧米株高を好感し200円超す上昇
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比185円07銭高の2万26
01円55銭となり、続伸して始まった。その後上げ幅は200円を超えた。前日の欧米
株の上昇を好感し、幅広く買いが先行している。外需大型株やハイテク関連がしっかり。
足元では電気・ガスを除く32業種が値上がりしている。TOPIXも続伸で取引を開始
した。
    
    
    <08:31> 寄り前の板状況、主力株は総じて買い優勢
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ホンダ        、
キヤノン        、ソニー        、パナソニック        が買い優勢。指数寄与度の大
きいファーストリテイリング        、ファナック        も買い優勢となっている。メ
ガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ        、みずほフィナンシャルグ
ループ        が買い優勢。三井住友フィナンシャルグループ        は売り優勢となっ
ている。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(トムソン・ロイターEIKON検索ボックスで“IMO
”と入力)

    
 (  

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below