Reuters logo
〔マーケットアイ〕株式:日経平均はプラス圏に浮上、短期筋が買い戻し
2017年11月28日 / 01:51 / 15日前

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はプラス圏に浮上、短期筋が買い戻し

    [東京 28日 ロイター] - 
    <10:43> 日経平均はプラス圏に浮上、短期筋が買い戻し
    
    日経平均はプラス圏に浮上、2万2500円付近で推移している。上海総合指数<.SS
EC>は小幅安で始まっている。市場では「北朝鮮リスクを材料に短期筋の売り仕掛けが入
ったものの、予想以上に下値が堅く買い戻しを急いだようだ。現物市場の売買高が膨らま
ず、先物主導で振れやすい状況は続くだろう」(国内証券)との声が出ている。
    
    
    <09:50> 日経平均は下げ幅拡大、北朝鮮ミサイル警戒で売り圧力
    
    日経平均は下げ幅が100円を超えている。北朝鮮が弾道ミサイル発射の準備を進め
ているとの報道で警戒感が強まっている。1ドル110円台後半まで進んだ円高も重し。
市場では「北朝鮮リスクの高まりで投資家心理が悪化した。半導体関連株にも底打ち感が
ない。投資家の押し目買い意欲が後退し、様子見姿勢が広がっている」(国内証券)との
声が出ている。
    
    
    <09:10> 寄り付きの日経平均は小幅続落、円高進行を懸念
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比21円25銭安の2万2474円
74銭となり、小幅続落して始まった。強含みの円相場が重しとなっている。東京エレク
トロン        、SUMCO        など半導体関連株の下げも目立つ。投資家の押し目
買い意欲は強く、安寄り後は下げ渋り、前日終値付近でのもみ合いとなっている。トヨタ
        、ホンダ        など自動車株がしっかり。
    
    
    <08:40> 寄り前の板状況、主力輸出株はまちまち
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        が買い優勢、ホンダ
        、ソニー        が売り優勢、キヤノン        、パナソニック        が売り
買い拮抗など主力輸出株はまちまち。指数寄与度の大きいファーストリテイリング<9983.
T>、ファナック        は売り買い拮抗している。
    メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ        、三井住友フィナン
シャルグループ        、みずほフィナンシャルグループ        がいずれも売り買い拮
抗している。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(トムソン・ロイターEIKON検索ボックスで“IMO
”と入力)

    
 (  

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below