Reuters logo
〔マーケットアイ〕株式:日経平均は一進一退、米税制改革の先行きにくすぶる警戒感
November 29, 2017 / 2:28 AM / 17 days ago

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は一進一退、米税制改革の先行きにくすぶる警戒感

    [東京 29日 ロイター] - 
    <11:20> 日経平均は一進一退、米税制改革の先行きにくすぶる警戒感
    
    日経平均は2万2600円付近での一進一退が続いている。にわかに期待感が高まっ
た米国の税制改革案をめぐっては、今後の展開についてまだ予断を許さないとの警戒感も
くすぶっている。税制改革法案を上院予算委員会が承認し、本会議で30日にも採決が行
われる見通しとなったが「上下両院の案には隔たりがあるほか、共和党内の反対派の出方
も読みにくい」(国内証券)との声が聞かれた。
 
    
    <10:16> 日経平均は伸び悩み、直近安値からの半値戻しが頭抑え
    
    日経平均は2万2600円付近で伸び悩んでいる。11月9日の高値から16日の安
値までの下げ幅に対する半値戻しの水準(2万2677円近辺)が目先の上値めどと意識
されており「2万2600円付近では、どうしても利益確定売りが出やすい」(国内証券
)という。
    
    <09:11> 寄り付きの日経平均は反発、米税制改革案の進展が支援
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比127円72銭高の2万2613
円96銭となり、3日ぶりの反発で始まった。
    
    米税制改革案の進展を背景に前日の米国の主要3株価指数が高値を更新したほか、為
替も111円台半ばでの底堅い動きとなっており、日本株は幅広く買いが先行した。きょ
うの未明には北朝鮮がミサイルを発射したと報じられたが、これまでのところ相場への影
響は限られている。
    
    業種別では、東証全33業種が上昇。上昇率トップは鉄鋼で、保険も高い。銀行や繊
維、その他金融がこれらに続いている。

    
    <08:29> 寄り前の板状況、トヨタ自など主力輸出株は買い優勢
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、主力の輸出関連株ではトヨタ自動車<7203.
T>、ホンダ        、キヤノン        、ソニー        、パナソニック        がいず
れも買い優勢。
    指数寄与度の大きいファーストリテイリング        、ファナック        も買い優
勢。
    メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ        、三井住友フィナン
シャルグループ        、みずほフィナンシャルグループ        が、いずれも買い優勢
となっている。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(トムソン・ロイターEIKON検索ボックスで“IMO
”と入力)

    
 (  

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below