Reuters logo
〔マーケットアイ〕株式:日経平均は軟調、銀行株や小型株はしっかり
December 4, 2017 / 1:58 AM / in 12 days

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は軟調、銀行株や小型株はしっかり

[東京 4日 ロイター] -

<10:57> 日経平均は軟調、銀行株や小型株はしっかり

日経平均は軟調。2万2700円台後半で推移している。市場では「小型株物色が活発なほか、日銀の緩和縮小に対する思惑で銀行株も買われている。だが、ロシア疑惑の再燃など海外での懸念材料が意識され、買い上がる投資家は不在の状況だ。今晩の米国株の反応を見極めたい」(国内証券)との声が出ている。

<09:55> 日経平均は小幅高、防衛関連株が買われる

日経平均は小幅高。2万2800円台前半で推移している。きょうから米韓合同軍事演習が始まったことを受け、石川製作所や豊和工業など防衛関連株が高い。市場では「米税制改革の進展は好材料だが、8日のメジャーSQ(特別清算指数)算出に向けボラティリティの拡大も予想され、リスクを取りにくい面もある」(国内証券)との声が出ている。

<09:12> 寄り付きの日経平均は続伸、米税制改革の進展を好感

寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比24円50銭高の2万2843円53銭となり、続伸で始まった。米上院が2日に税制改革法案を可決したことで、法案成立に向けた期待から買いが先行した。為替が円安に振れていることも支え。一方、米政権を巡るロシア疑惑や北朝鮮情勢が重しとなり、寄り後は下げに転じている。業種別では、精密、その他製品などが安い。

<08:35> 寄り前の板状況、主力輸出株は売り買い拮抗

市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車、ホンダ、キヤノン、ソニー、パナソニックなどの主力輸出株がほぼ売り買い拮抗(きっこう)となっている。指数寄与度の大きいファーストリテイリングは売り買い拮抗、ファナックは売り優勢となっている。

メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ、三井住友フィナンシャルグループ、みずほフィナンシャルグループがいずれも売り買い拮抗している。

東証第1部出来高上位50銘柄

東証第1部値上がり率上位50銘柄

東証第1部値下がり率上位50銘柄

日経225先物

SGX日経225先物

TOPIX先物

日経225オプション

株式関連指標の索引ページ

関連アプリ:インデックスムーバー(トムソン・ロイターEIKON検索ボックスで“IMO”と入力)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below