March 27, 2018 / 1:14 AM / 8 months ago

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は350円超す上昇、佐川氏の証人喚問に株高で反応

    [東京 27日 ロイター] - 
    <10:07> 日経平均は350円超す上昇、佐川氏の証人喚問に株高で反応
    
    日経平均は前日比で350円を超す上昇となった。2万1100円台を回復した。財
務省による学校法人森友学園の決裁文書改ざん問題を巡り、当時の財務省理財局長だった
佐川宣寿・前国税庁長官の証人喚問が行われている。この中で佐川氏は書き換えについて
、安倍首相や首相夫人、麻生財務相、官邸幹部からの指示はなかったと発言した。
    
    市場では「少なくとも政権にダメージを与える内容ではない。ひとまず市場は発言を
好感し株高・円安が進んだが、世論が納得し、支持率が回復できるかは別問題だろう」(
銀行系投信)との声が出ている。    
    
    
    <09:10> 寄り付きの日経平均は続伸、米株大幅高を好感
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比192円80銭高の2万0958
円90銭となり、続伸して始まった。寄り付き後に上げ幅は200円を超え、2万100
0円台を回復した。米中貿易戦争への懸念が後退し、前日の米国株が大幅高、為替は円安
方向に振れるなど外部環境の改善を背景に幅広く買いが先行した。電機、非鉄が買われ、
銀行、機械などもしっかり。半面、石油関連はさえない。
    
    
    <08:33> 寄り前の板状況、主力輸出株は買い優勢
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ホンダ        、
キヤノン        、ソニー        、パナソニック        などの主力輸出株が買い優勢
。指数寄与度の大きいファーストリテイリング        も買い優勢。ファナック        
は売り買い拮抗している。
    メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ        、三井住友フィナン
シャルグループ        が買い優勢。みずほフィナンシャルグループ        は売り買い
拮抗している。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(トムソン・ロイターEIKON検索ボックスで“IMO
”と入力)

    
 (  

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below