April 19, 2018 / 7:04 AM / a month ago

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、75日線が上値圧迫

    [東京 19日 ロイター] - 
    <15:58> 日経平均・日足は「小陰線」、75日線が上値圧迫

    日経平均・日足は「小陰線」となった。上値を試したものの伸び切れず、終値は下降
中の75日移動平均線(2万2227円64銭=19日)に抑え込まれた。ネックライン
となっている2月27日高値(2万2502円05銭)を明確に抜けないとチャート上の
底入れは確認できない。ここで跳ね返されてしまうと安値圏でのもち合い相場に入る可能
性もある。当面の下値は、2万2000円の心理的節目と一目均衡表の転換線(2万19
39円21銭=同)がめどになる。
    
    
    <15:20> 新興株市場は反落、戻りの鈍さを嫌気
    
    新興株市場は軟調。日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数がともに反落した。マ
ザーズ市場の売買代金は764億円と低調だった。市場では「戻りの鈍さが嫌気され、個
人や海外短期筋などの売りが優勢だった」(国内証券)という。フィル・カンパニー<326
7.T>、MRT        が安く、サカイホールディングス        、IGポート        も
さえない。半面、小田原機器        、テンポイノベーション        が高く、ソウルド
アウト        も買われた。
    
    
    <14:22> 日経平均は上げ幅縮小、非鉄・鉄鋼などは堅調持続
    
    日経平均は上げ幅縮小。2万2200円台前半で推移している。市場では「非鉄、鉄
鋼などの重厚長大産業にリターンリバーサルの買いが入っているが、持続的な上昇基調に
なるとは考えにくい。株式市場は目先の懸念材料が後退したものの、リスクオンに転じる
には材料不足だろう」(国内証券)との声が出ている。
    
    
    <13:04> 日経平均は伸び悩み、好業績・内需系の中小型株に利益確定売り
    
    日経平均は伸び悩み。2万2200円台半ばで推移している。東証1部銘柄の下落率
上位にはレノバ        やサムティ        など直近で高値を付けた内需系銘柄がランク
インしている。「好業績期待のある内需・中小型株は『総売り』状態。前日から出遅れた
景気敏感株への資金シフトが続いている。全体相場は買い戻しが一巡したが、2万200
0円台での値固めの局面ととらえることもできる」(中堅証券)との声が出ていた。
    
    
    <11:35> 前場の日経平均は5日続伸、日米首脳会談の無難通過で買い戻し
    
    前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比137円94銭高の2万2296
円14銭となり、5日続伸した。日米首脳会談でトランプ米大統領から為替や日本の金融
政策を巡る発言が出なかったことで、イベントを無難に通過したとの受け止めが広がり、
ショートカバーを誘発した。上げ幅は一時200円を超えたが、高値圏では戻り売りが出
て伸び悩んだ。
    
    TOPIXは前日比0.48%高で午前の取引を終了した。東証1部の前場の売買代
金は1兆2755億円だった。セクター別では非鉄金属、鉄鋼の上昇が顕著となり、景気
敏感株や金融株に買い戻しが入った。石油関連もしっかり。半面、サービス、小売など内
需の一角はさえない。規模別では中小型株よりも大型株が選好される展開となった。
    
    市場では「日米の通商問題に関してはプラスもマイナスもなかった。ネガティブな材
料が出なかったことが日本株の上昇につながった」(藍沢証券投資顧問室ファンドマネー
ジャー・三井郁男氏)との声が聞かれた。
    
    東証1部の騰落数は、値上がり1210銘柄に対し、値下がりが769銘柄、変わら
ずが96銘柄だった。
    
    
    <11:02> 日経平均は堅調維持、75日移動平均線を回復
    
    日経平均は堅調維持。2万2300円近辺での値動きとなり、2万2230円前後に
位置する75日移動平均線を上回って推移している。「累積売買代金の多い価格帯で戻り
売り圧力もある。企業の今期業績予想への関心が高まっているが、世界景気が過度に悪化
しているわけではない。保守的な会社計画が出れば、期中の上方修正期待が膨らむ形とな
りそう」(国内証券)との声が出ていた。    
    
    
    <10:33> 日経平均上げ幅一時200円超に拡大、海外勢のショートカバー継続
    
    日経平均は上げ幅を一時200円超に拡大した。その後は伸び悩み、足元では2万2
200円台で推移している。非鉄金属、鉄鋼が業種別の上昇率上位にランクイン。市場で
は「米国側はTPP(環太平洋連携協定)には消極的だが、拉致問題には理解を示した。
今回の日米首脳会談で安倍首相が外交上の『得点』を稼げたかというと微妙なところだが
、北朝鮮を巡る地政学リスクの後退はプラス材料で、海外投資家のショートカバーが進ん
でいる」(国内投信)との声が出ていた。
   
    
    <09:06> 寄り付きの日経平均は続伸、日米首脳会談を無難に通過し懸念緩和
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比73円66銭高の2万2231円
86銭となり、続伸して始まった。
    
    日米首脳会談では為替や通商政策を巡って市場が警戒したほどの厳しい要求はなく無
難に通過したとの見方から、懸念が和らぐとみられる。為替が1ドル107円前半で底堅
く推移していることも相場を支援しそうだ。
    
    業種別には、石油・石炭、海運、鉱業、鉄鋼などが高く、非鉄金属、機械もしっかり
。一方、下落しているのはゴム製品、食料品、小売の3業種のみとなっている。
    
    
    <08:29> 寄り前の板状況、トヨタ・ファーストリテは買い優勢
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、主力の外需関連はトヨタ自動車        、
ホンダ        、キヤノン        、ソニー        、パナソニック        がいずれも
買い優勢。
    指数寄与度の大きいファーストリテイリング        は買い優勢、ファナック<6954.
T>は売り優勢。
    メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ        、みずほフィナンシ
ャルグループ        が売り優勢、三井住友フィナンシャルグループ        は売り買い
拮抗となっている
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(トムソン・ロイターEIKON検索ボックスで“IMO
”と入力)

    
 (  

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below