May 11, 2018 / 2:06 AM / 6 months ago

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上昇一服、上値で利益確定売り

    [東京 11日 ロイター] - 
    <11:00> 日経平均は上昇一服、上値で利益確定売り
    
    日経平均は上昇一服、2万2600円台後半で推移している。市場では「抵抗線とな
っていた2万2500円の節目を抜いたことで、テクニカルで動く短期筋の仕掛け的な買
いが入ったものの、上値では利益確定売りが出ている。来週も4月の中国主要統計や米小
売売上高など相場を動かしそうな材料があり、見極めたいところだ」(国内証券)との声
が聞かれる。
    
    
    <10:07> 日経平均は高値もみあい、半導体・ハイテク関連買われる
    
    日経平均は高値もみあい。2万2600円台後半で推移している。半導体、ハイテク
関連が総じて高い。市場では「日経平均は足元で為替との相関が弱くなり、米株と連動す
る傾向が強くなっている。4月米CPIが予想を下回り、インフレ懸念がいったん後退。
海外勢も若干リスクを取りやすくなったようだ」(国内証券)との声が出ている。
    
    
    <09:27> 日経平均は上げ幅200円超、仕掛け的な先物買いとの声
    
    日経平均は上げ幅拡大。前日比で200円を超す上昇となり、2万2700円台に乗
せた。TOPIXコア30構成銘柄では、日産自動車        を除く29銘柄が値上がり
しており、大型株の堅調さが目立っている。「寄り付き前から先物に仕掛け的な買いが入
っていた。さらに上に持っていかれたら、踏み上げられる投資家も存在するだろう」(国
内証券トレーダー)との声が出ている。
    
    
    <09:10> 寄り付きの日経平均は続伸、外需大型株しっかり 上げ幅150円超
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比76円77銭高の2万257
3円95銭となり、続伸で始まった。前日の米国株は上昇。為替はややドル安・円高に振
れたものの、自動車・電機の大型株は買いが先行している。日経平均はその後上げ幅を1
50円超に拡大し、2万2600円台半ばまで上昇した。情報通信や精密機器が堅調。鉱
業、非鉄金属がさえない。
    
    
    <08:32> 寄り前の板状況、ミクシィ・そーせいは売り優勢
    
    市場関係者によると、新興株の寄り前の板状況は、マザーズ上場のミクシィ        
、そーせいグループ        が売り優勢。CYBERDYNE        が買い優勢。ジャ
スダック上場の日本マクドナルドホールディングス        、セリア        は買い優勢
。ハーモニック・ドライブ ・システムズ        は売り優勢となっている。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(トムソン・ロイターEIKON検索ボックスで“IMO
”と入力)

    
 (  

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below