May 31, 2018 / 1:25 AM / 5 months ago

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はもみ合い、日中の経済指標で強弱が入り混じり

    [東京 31日 ロイター] - 
    <10:11> 日経平均はもみ合い、日中の経済指標で強弱が入り混じり
    
    日経平均は2万2100円半ばでもみ合い。日本の鉱工業生産が市場予想に対して弱
い数字だった一方、中国の製造業と非製造業のPMIが強めの数字となり、強弱の材料が
入り混じっている。
    「予想より弱い鉱工業生産を踏まえて為替がやや円高に振れ、日本株は冷水を浴びせ
られた」(国内証券)との声が聞かれ、日経平均はじりじりと上げ幅を削っていたが、中
国のPMI発表後には次第に持ち直す方向となっている。
    経済産業省が31日発表した4月鉱工業生産指数速報は前月比0.3%上昇で3カ月
連続の上昇となったが、ロイターによる事前予測調査の前月比1.2%上昇を下回った。
    一方、中国5月製造業PMIは51.9(予想:51.3、前月:51.4)、同じ
く非製造業PMIは54.9(前月:54.8)だった。
    
    
    <09:05> 寄り付きの日経平均は反発、イタリア政局懸念の緩和で買い戻しが
先行
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比144円88銭高の2万2163
円40銭となり、反発して始まった。
    
    イタリア政局を巡る懸念に緩和の兆しが見られ、米国株が上昇した流れを引き継いだ
。これまで過度に売られてきた分の買い戻しが先行した。寄り付き後は、やや伸び悩んで
いる。
    
    業種別には、鉱業や石油・石炭製品が高く、ガラス・土石製品や輸送用機器、精密機
器もしっかり。半面、下げているのは、空運、情報・通信、建設などとなっている。
    
    
    <08:26> 寄り前の板状況、トヨタなど主力株は買い優勢
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ホンダ        、
キヤノン        、ソニー        、パナソニック        はいずれも買い優勢。
    指数寄与度の大きいファーストリテイリング        、ファナック        は買い優
勢。
    メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ        、三井住友フィナン
シャルグループ        、みずほフィナンシャルグループ        も買い優勢となってい
る。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(トムソン・ロイターEIKON検索ボックスで“IMO
”と入力)

    
 (  

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below