August 20, 2018 / 1:17 AM / 3 months ago

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ幅拡大、半導体関連株の下げが重し

    [東京 20日 ロイター] - 
    <10:13> 日経平均は下げ幅拡大、半導体関連株に売り圧力
    
    日経平均は下げ幅拡大。2万2100円台後半での値動きとなっている。SUMCO
        、東京エレクトロン         など半導体関連株がさえない。前週末の米フィラ
デルフィア半導体      が下落したことが重しとなっている。「上海株が上昇すれば日本
株の支えにはなるが、ジャクソンホール会議も控えており、積極的に買う感じにはなりに
くい」(国内証券)との声が出ていた。
    
    
    <09:15> 寄り付きの日経平均は小反落、上海株の動向に警戒感
    
    寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は、前営業日比3円31銭安の2万2267
円07銭となり、小反落で始まった。前週末の米国株は上昇したが、米中貿易問題に関す
る週内の日程を控え様子見ムードが広がっている。上海株の動向にも警戒感がある。寄り
後に小幅プラスに転じたが、上値は重い。業種別ではその他製品、パルプ・紙、不動産な
どが堅調。半面、輸送用機器、非鉄金属、保険などが売られている。 
    
    
    <08:35> 寄り前の板状況、主力輸出株はまちまち
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、主力輸出株でホンダ        、キヤノン<7
751.T>が買い優勢。トヨタ自動車        、ソニー        、パナソニック        はや
や売り優勢とまちまち。指数寄与度の大きいファーストリテイリング        は売り買い
拮抗。ファナック        はやや売り優勢となっている。
    メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ        、三井住友フィナン
シャルグループ        が売り優勢。みずほフィナンシャルグループ        は売り買い
拮抗している。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(トムソン・ロイターEIKON検索ボックスで“IMO
”と入力)

    
 (  

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below