October 26, 2018 / 5:27 AM / 24 days ago

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は一時プラス圏、買い戻し 勢いは弱い

    [東京 26日 ロイター] - 
    <14:26> 日経平均は一時プラス圏、買い戻し 勢いは弱い
    
    日経平均は一時プラス圏に浮上したが、その後は再びマイナス圏に沈んでいる。現在
は2万1200円台前半。
    ランチタイム中に日経平均先物に売りが出て現物指数が軟化。一時2万1000円を
割り込んだが、いったん達成感も出て売り方に買い戻しの動きが出た。ただ、今晩の米株
市場の動向も警戒され、戻りは鈍かった。
    
    
    <13:08> 日経平均は下げ渋り、リスク・パリティー系ファンドの売りも警戒
    
    日経平均は下げ渋り。2万1000円を割った後は押し目買いが入り、いったん2万
1100円台まで戻す場面があった。ただ「直近のボラティリティー上昇でリスク・パリ
ティー系ファンドによる株売りが警戒されている。(同ファンドによる株売りは)来月上
旬ごろまで続く可能性がある」(国内証券)との声もあり、戻りは限定的。足元では再び
2万1000円を試す動きをみせている。
    
    東証マザーズ指数は3%を超す下落。株安を受け、個人投資家による追い証がらみの
投げも出ているという。
    
    
    <12:41> 日経平均が2万1000円割れ、米ダウ先物が下げ幅拡大
    
    日経平均は後場一段安。下げ幅は200円を超え、2万1000円を下回った。米ダ
ウ先物が下げ幅を拡大。ランチタイムに日経平均先物にも売りが出たことで、現物指数が
軟化した。「今晩のニューヨーク市場に対する警戒感が強まっている」(国内証券)との
声が出ている。
        
    
    <11:35> 前場の日経平均は続落、米ハイテク決算で警戒感強まる
    
    前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比47円23銭安(0.22%安)
の2万1221円50銭となり続落した。前日の米国株が急反発したことを受け、朝方は
買いが先行したものの、決算発表後のアマゾン・ドット・コム        などが時間外取引
で大幅安となったことが重しとなった。今晩の米国市場の反応に対する警戒感から戻りは
鈍く、前場後半に下げに転じた。
    
    TOPIXは0.16%安で午前の取引を終了。連日で年初来安値を更新した。前場
の東証1部売買代金は1兆2740億円。セクター別ではパルプ・紙や輸送用機器、非鉄
金属が堅調だった一方、サービス、その他製品、精密機器が下落率上位に入った。
    
    四半期決算が市場の予想に届かなかったとしてアマゾン・ドット・コムとグーグルの
持ち株会社アルファベット         が時間外取引で急落。米株価指数先物も下落してい
る。上海総合指数は前日終値を挟んだ一進一退の動きとなっているが、韓国や香港、シン
ガポールの株式市場は軟調に推移している。
    
    東証マザーズ指数は2%超安。中小型株に対する売り圧力も強まった。「米ハイテク
株にマーケットの動揺が集約されている。企業業績や世界経済の先行きに対する疑問符が
付いた形となり、日本株の早期の回復への期待も薄れつつある」(ちばぎんアセットマネ
ジメント調査部長の奥村義弘氏)との声が聞かれた。
    
    東証1部の騰落数は、値上がり743銘柄に対し、値下がりが1270銘柄、変わら
ずが97銘柄だった。
    
    
    <10:43> 日経平均は下げ転換、上海株軟調で慎重姿勢強まる
    
    日経平均は下げ転換。2万1200円台後半での値動きとなっている。業種別ではサ
ービス、精密機器が下落率上位に入っている。上海株は買い先行後、下げに転じ、投資家
の慎重姿勢を強めている。「米ハイテク決算を受けた市場の動揺が治まるには時間が必要
」(国内投信)との声も聞かれた。
    
    
    <09:06> 寄り付きの日経平均は反発、売られ過ぎの反動
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比172円11銭高の2万14
40円84銭となり、反発して始まった。前日の米国株が急反発したことで過度なリスク
オフが後退。日本株は大幅安の反動もあり、買い戻しや自律反発狙いの買いが先行した。
    一方、企業業績の先行きに対する警戒感は根強い。米国市場では四半期決算が市場の
予想に届かなかったとしてアマゾン・ドット・コム        とグーグルの持ち株会社アル
ファベット         が25日引け後の時間外取引で大幅安となっている。東京市場でも
今晩の米株市場を見極めたいとのムードが広がり、寄り後は上値が重くなっている。
    
    
    <08:27> 寄り前の板状況、主力輸出株は総じて買い優勢
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ホンダ        、
ソニー        、パナソニック        などの主力輸出株が買い優勢。前日の業績予想の
下方修正を発表したキヤノン        はやや売り優勢となっている。指数寄与度の大きい
ファーストリテイリング        、ファナック        は買い優勢。
    メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ        、三井住友フィナン
シャルグループ        、みずほフィナンシャルグループ        がいずれもほぼ売り買
い拮抗となっている。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(トムソン・ロイターEIKON検索ボックスで“IMO
”と入力)

    
 (  

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below