November 2, 2018 / 2:09 AM / 12 days ago

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は堅調持続、好決算銘柄に買いが集まる

    [東京 2日 ロイター] - 
    <11:03> 日経平均は堅調持続、好決算銘柄に買いが集まる
    
    日経平均は堅調持続。2万1900円台前半で推移している。キーエンス        、
ハウス食品グループ本社        などの好決算銘柄に買いが集まっている。市場では「決
算を材料とした個別物色が活発になっている。個別に明暗は分かれているが、主力企業の
決算発表が進み、業績に対する不透明感が後退してきた。リスクオフの相場からは脱却し
つつある」(国内証券)との声が出ていた。
    
    
    <09:30> 日経平均は2万2000円台回復、1週間ぶり 米ダウ先物が上昇
    
    日経平均は300円を超す上昇となり、2万2000円台を回復した。取引時間中と
しては10月24日以来、1週間ぶりの水準。アップル株の時間外での下落で警戒感が広
がったものの、足元では米ダウ先物が上昇し、安心材料となっている。半導体関連株も買
い戻しが入った。
    
    <09:07> 寄り付きの日経平均は反発、米株高支援 携帯大手株に買い戻し
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比73円93銭高の2万176
1円58銭となり、反発で始まった。前日の米国株が上昇した流れを引き継ぎ、買いが先
行した。前日に大幅安となったNTTドコモ        など携帯大手株に買い戻しが入った
ことも、相場の押し上げ要因となっている。一方、引け後に米アップル        が発表し
た業績見通しを受け同社株が時間外取引で下落しており、電子部品株はさえない。
    
    
    <08:25> 寄り前の板状況、主力株まちまち 携帯大手3社は買い優勢
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        が売り優勢。ホンダ
        はやや買い優勢。キヤノン        、パナソニック        は売り買い拮抗。ソ
ニー        は売り優勢と主力株はまちまち。一方、前日に大幅安となったNTTドコモ
        、KDDI        、ソフトバンクグループ        は買い優勢となっている。
    
    このほか指数寄与度の大きいファーストリテイリング        が買い優勢。ファナッ
ク        は売り優勢。メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ        
、三井住友フィナンシャルグループ        、みずほフィナンシャルグループ        が
売り優勢となっている。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(トムソン・ロイターEIKON検索ボックスで“IMO
”と入力)

    
 (  

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below