December 19, 2018 / 6:12 AM / a month ago

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、マザーズは4日ぶり反発 個別物色

    [東京 19日 ロイター] - 
    <15:07> 新興株市場はまちまち、マザーズは4日ぶり反発 個別物色
    
    新興株市場はまちまちで、日経ジャスダック平均は4日続落、東証マザーズ指数は4日ぶり反発となっ
た。市場からは「東証1部の主力株が軟調に推移して地合いの悪さが意識される中、動きのいい個別銘柄が
物色された」(ネット系証券)との声が出ていた。
    
    フリークアウトホールディングス        、テクノスデータサイエンス・エンジニアリング        が
一時ストップ高。直近IPOの田中建設工業        も大幅高となった。マネーフォワード        、サン
バイオ        、エムティジェネックス        なども堅調だった。
    一方、メルカリ        は一時2000円を割り込み、連日の上場来安値更新となった。18日発表し
た英国子会社2社の解散決議が嫌気された。プロレド・パートナーズ        、GA technolog
ies        、タカギセイコー        なども軟調だった。
    
    
    <13:26> 日経平均は安値圏でもみあい、ソフトバンクは軟調

    日経平均は安値圏でもみあい、2万0900円台後半で推移している。先物売りに押される一方、下値
では押し目買いも入っているという。
    ソフトバンクは後場下げ幅を拡大し、一時、公開価格を12%超下回る1315円まで下落した。「想
定を超える弱さを見て個人投資家が投げてきている」(国内証券)との声が出ていた。
    
    
    <11:38> 前場の日経平均は続落、約9カ月ぶり安値 ソフトバンク公開価格割れ
    
    前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比90円35銭安の2万1025円10銭となり、続
落した。オーバーナイトでの先物安を受けた売りが先行。節目の2万1000円を割れ、取引時間中として
は3月28日以来、約9カ月ぶりの安値を付ける場面があった。下げ幅は200円を超えたが、国内公的年
金の買い観測が広がる中で持ち直し、前場後半にプラス圏に浮上するなど荒い動きとなった。新規上場のソ
フトバンク        は公開価格を下回って推移した。
    
    騰落率は日経平均が前日比0.43%安、TOPIXが同0.35%安となった。TOPIXは連日で
年初来安値を更新した。東証1部の前場の売買代金は1兆4753億円。このうちソフトバンクの売買代金
が全体の約21%を占めた。業種別で上昇率上位に入ったのは空運、建設、機械。半面、鉱業、電気・ガス
、石油・石炭がさえない。銀行業指数が1%を超す下げとなる金融セクターも軟調だった。
    
    ソフトバンクは公開価格1500円を2.5%下回る1463円で初値を形成。その後売り気配となり
、一時1344円を付けた。同社株が公開価格割れとなったことが投資家心理を冷やし、日経平均は先物主
導で下落した。もっとも上場前に通信障害などの問題があった同社に対しては「初値に対しては過度な期待
がなかった」(国内投信)との声もあった。足元でソフトバンク株は1300円台後半でもみあいを続けて
いる。
    
    日経平均は前場前半に2万0880円73銭まで下落したが、押し目買いで下げ渋る展開。やがて国内
公的年金による買い観測が広がった。下値の堅さを印象付けたが、外部環境に対する警戒感は強く、積極的
に買い上がる姿勢も限定的だった。米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表などを控え、徐々に様子
見ムードが広がった。
    
    市場では「FOMC後の市場の反応が非常に読みにくい。米国の利上げ打ち止め感が強まった場合、円
高になるリスクがある一方、米国株が上昇した場合は円高にならないシナリオもある。景気のピークアウト
感が強まり株が売られた場合は円高になる可能性もあり、不透明感が強い」(アイザワ証券・日本株ストラ
テジストの清水三津雄氏)との声が聞かれた。
    
    東証1部の騰落数は、値上がり1033銘柄に対し、値下がりが997銘柄、変わらずが98銘柄だっ
た。
    
    
    <10:52> 日経平均は小じっかり、国内年金勢の買い観測広がる
    
    日経平均は小じっかり。一時2万1100円台後半まで強含む場面があった。安寄り後、節目の2万1
000円を下回ったが、足元では国内の公的年金による買い観測が広がっている。同じく2万1000円を
一時的に割れて持ち直した10月26日にも同様の観測が聞かれた。
    
    「バリュエーション的に割安な水準にある一方、日経平均の予想EPS(1株利益)は落ち込んではい
ない。ファンドの株式の配分比率を一定の水準に維持することを目的とした機関投資家の買いも、十分見込
まれる」(国内証券)との見方が出ている。
    
    
    <10:34> 日経平均は持ち直し、2万1000円割れで押し目買い ソフトバンクの値動きに関心
    
    日経平均は一時プラス転換。2万1100円近辺での値動きとなっている。安値圏で押し目買いが入り
持ち直した。ソフトバンク        の初値形成後の動揺は一巡したとみられている。
    
    同社株は寄り付き直後に1463円で初値形成後、売り気配となり、午前9時05分に公開価格150
0円を10%以上下回る1344円を付けた。「オープニングの段階で、ソフトバンクに大き目のビットが
入ったようだ。1344円を付けた次の瞬間に1400円近辺まで戻すなど、手品を見せられた印象もある
。一部の投資家が動揺する中、相手の弱みを見逃すまいと肝の据わった投資家が先物の売り仕掛けに動いた
のだろう」(国内証券トレーダー)との声が出ている。
    
    
    <09:41> 日経平均は下げ幅200円超、約9カ月ぶり安値 VIX上昇で下値警戒感
    
    日経平均は下げ幅を一時200円超に拡大。2万0800円台後半まで弱含み、取引時間中としては今
年3月28日以来、約9カ月ぶりの安値水準を付ける場面があった。その後再び2万1000円近辺まで戻
すなど、荒い動きとなっている。ソフトバンクは公開価格1500円を下回る水準での値動きを続けている
。    
    
    前日の米国株は小幅高となったが、投資家の不安心理を示すとされるVIX      が終値ベースで10
カ月ぶりの高水準を付けた。「ソフトバンクの初値に対しては過度な期待がなかった分、全体相場への影響
は軽微なものにとどまっている。日本株は十分割安な水準だが、VIXが上昇したことで、リスク・パリテ
ィー系ファンドによる『無機質な売り』が出ることへの警戒感もある」(国内投信)との声が出ている。
    
    
    <09:08> 寄り付きの日経平均は続落、2万1000円下回る ソフトバンク公開価格割れ
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比8円28銭安の2万1107円17銭となり、
小幅続落で始まった。前日の米国株は小幅高で終了したが、オーバーナイトで日経平均先物が下落。これを
受け現物指数は軟調な滑り出しとなり、その後2万1000円を割れた。きょう新規上場のソフトバンク<9
434.T>の初値は1463円。公開価格の1500円を下回って推移している。
    
    業種別では石油関連や証券が下落率上位にランクイン。空運、建設がしっかり。TOPIXは連日で年
初来安値を更新した。
    
    
    <08:23> 寄り前の板状況、主力株は総じて売り優勢
    
    市場関係者によると、トヨタ自動車        が買い優勢となっているが、ホンダ        、キヤノン<7
751.T>、ソニー        、パナソニック        は売り優勢。指数寄与度の高いファーストリテイリング<9
983.T>、ファナック        や、三菱UFJフィナンシャル・グループ        、三井住友フィナンシャル
グループ        、みずほフィナンシャルグループ        が売り優勢となっている。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(トムソン・ロイターEIKON検索ボックスで“IMO”と入力)

    
 (  

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below