February 1, 2019 / 1:58 AM / 5 months ago

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は一時マイナス転換、利益確定売り 決算や米雇用統計を見極めへ

    [東京 1日 ロイター] - 
    <10:51> 日経平均は一時マイナス転換、利益確定売り 決算や米雇用統計を見極めへ
    
    日経平均は2万0700円台後半で推移している。一時マイナス転換した。米連邦準備理事会(FRB
)がハト派スタンスを示したことで、行き過ぎた金融引き締めによる景気悪化への懸念が後退。米国株高を
支えに日本株にも朝方には買いが入っていた。一時2万0900円台前半まで上値を伸ばしたが、この時間
は利益確定売りが優勢となっている。
    「21日の直近高値2万0892円を上抜けし、ここから上を目指すには一段の買い材料が必要との見
方が出ている。きょうは時価総額の高い銘柄の決算発表や米雇用統計もある。長くポジションを持ちたくな
い人も多い」(ネット系証券)との声が出ていた。
    
    
    <09:27> 寄り付きの日経平均は続伸、米国株高を好感 精密・電機など高い 
    
    寄り付きの東京株式市場で日経平均は前営業日比23円54銭高の2万0797円03銭となり、小幅
に続伸した。その後は上げ幅を拡大。一時2万0900円台を回復し、昨年12月19日以来の高値水準と
なっている。セクター別では、精密機器、電気機器、医薬品などが堅調。一方、証券、その他製品、鉄鋼、
銀行などが売られている。
    
    
    
    <08:24> 寄り前の板状況、主力輸出株は売り買い拮抗
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ホンダ        、キヤノン        
、ソニー        、パナソニック        が売り買い拮抗。
    指数寄与度の大きいファーストリテイリング        、ファナック        は売り買い拮抗。
    メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ        、三井住友フィナンシャルグループ<8
316.T>、みずほフィナンシャルグループ        は売り買い拮抗。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(トムソン・ロイターEIKON検索ボックスで“IMO”と入力)

    
 (  

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below