March 19, 2019 / 1:48 AM / 3 months ago

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ幅縮小、国内勢の売りが一巡

    [東京 19日 ロイター] - 
    <10:40> 日経平均は下げ幅縮小、国内勢の売りが一巡
    
    日経平均は下げ幅縮小。2万1500円台後半で推移している。一時プラス圏に浮上
した。上海総合指数       は小幅高。市場では「寄り後に国内勢から期末のポジション
調整売りが出たものの、外部環境が落ち着いているため、追随する売り手は少ない。FO
MCの結果をみるまで動きにくい」(国内証券)との声が出ている。
    
    
    <09:12> 寄り付きの日経平均は反落、利益確定売りが先行
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比26円07銭安の2万1558円
43銭となり、反落で始まっている。外部環境面で大きな変化がない中、日本株は連騰の
反動で利益確定売りが先行した。米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えて様子見姿勢
も強い。寄り後に下げ幅は100円を超えている。精密、その他製品、小売などが安い。
半面、保険、ゴム製品はしっかり。
    
    
    <08:30> 寄り前の板状況、主力輸出株は売り買い拮抗
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、ホンダ        、
キヤノン        、パナソニック        などの主力輸出株が売り買い拮抗。ソニー<675
8.T>は買い優勢となっている。指数寄与度の大きいファーストリテイリング        は買
い優勢、ファナック        は売り買い拮抗している。
    メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ        、三井住友フィナン
シャルグループ        、みずほフィナンシャルグループ        がいずれも売り買い拮
抗している。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(トムソン・ロイターEIKON検索ボックスで“IMO
”と入力)

    
 (  

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below