March 22, 2019 / 1:03 AM / a month ago

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は一時下げ転換、「ジャパン・パッシング」が継続

    [東京 22日 ロイター] - 
    <09:55> 日経平均は一時下げ転換、「ジャパン・パッシング」が継続
    
    日経平均は一時下げ転換。買いが一巡した後は戻り売りに押された。エーザイ<4523.
T>がストップ安売り気配。医薬品セクターが下落率トップとなっている。
    
    米連邦公開市場委員会(FOMC)に対しては、想定以上にハト派的との受け止めが
広がっている。流動性相場への期待は株式市場には本来プラスに働くが、日本株に対して
は円高懸念が上値を圧迫する要因となっている。
    
    市場では「だぶついたマネーの行き先は結局は米国株。アップル        の上昇がそ
れを裏付けている。その次が新興国市場だろう。『ジャパン・パッシング』の様相には変
わりがない」(準大手証券)との声が聞かれた。
    
    
    <09:07> 寄り付きの日経平均は続伸、FOMC後の米株高に反応
    
    寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比104円34銭高の2万17
13円26銭となり、続伸で始まった。国内休場中の米国株の上昇を受けた買いが先行し
た。一方、1ドル110円台まで円高に振れた為替が重しとなっており、買い一巡後は上
げ幅を縮小している。医薬品、銀行株が軟調。鉱業、機械セクターが高い。TOPIXは
一時下げに転じた。
    
    
    <08:22> 寄り前の板状況、メガバンクの一角が売り優勢
    
    市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車        、キヤノン        
、パナソニック        が買い優勢。ソニー        、ホンダ        が売り優勢。指数
寄与度の高いファーストリテイリング        が売り優勢に対し、ファナック        は
買い優勢。メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ        、三井住友フ
ィナンシャルグループ        が売り優勢。みずほフィナンシャルグループ        は売
り買いが拮抗している。
    
    
    東証第1部出来高上位50銘柄       
    東証第1部値上がり率上位50銘柄       
    東証第1部値下がり率上位50銘柄       
    日経225先物        
    SGX日経225先物        
    TOPIX先物        
    日経225オプション            
    株式関連指標の索引ページ        
    関連アプリ:インデックスムーバー(トムソン・ロイターEIKON検索ボックスで“IMO
”と入力)

    
 (  

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below